SponsoredLink

カシミヤセーターの手入れの仕方は?

独特のぬめり感がある柔らかな風合いのカシミヤは、その光沢や希少価値から「繊維の宝石」と言われています。では、その宝石、どのように取り扱ったらいいのでしょうか?


カシミヤ製品の販売の方によると、カシミヤはとてもデリケートな繊維なので、乱暴に扱うと風合いを損ねてしまうのだそうです。なので、取り扱いは丁寧に。もし、シミができてしまった場合は虫食いの原因になってしまうので、すぐに自分でシミ取りを行うか、信頼のおけるクリーニング屋さんに持っていったほうがいいそうです。


カシミヤセーターは撥水性が弱いので、水に濡れるとその部分がシミになってしまうことがあるそうです。雨などで濡れた場合には、タオルで水分を取って乾いてからブラシで毛並みを整えるといいそうですよ。


そして、カシミヤはとても細い繊維なので、摩擦に弱く、毛玉ができやすいそうです。毎日着用すると、なおさらできやすいのだとか。だから、カシミヤセーターは特に休養を意識しながら着用するようにしてくださいね。バックの肩ひもで強く摩擦するなんて厳禁ですよ。


シーズンが終わったら、洗濯方法はクリーニングがよいそうです。表示にしたがって、信頼の置けるクリーニング屋さんに出してください。シミは虫食いの原因になるので、特に丁寧に。また、防虫剤が必要ですが、防虫剤がセーターに直接触れると、繊維をいためたり穴が開いたりしてしまいますので、直接触れないように工夫することが大事だそうです。


けっこう気を使わなければいけないことが多いカシミヤセーターですが、上手に手入れして、ステキに着こなしてくださいね。

カシミヤのコートの手入れの仕方は?

奮発して購入したカシミヤのコート。扱い方次第では、せっかくのカシミヤの風合いも台無しになってしまいます。どのように手入れすればいいのでしょうか?調べてみました。


お手入れのポイントは、やさしく、丁寧に扱うこと。カシミヤ製品はとてもデリケートなのだそうです。


まず、着用し終わったら、毛の柔らかいブラシで表面のホコリを払って、毛並みを整えたあと、太目のハンガーにかけて吊るして干します。虫害や縮みを防ぐために、少し風に通して湿気を飛ばしてからタンスにかけたほうがいいそうです。そして、なるべくなら毎日は着用せずに1度着たら2〜3日休養を与えて弾力が戻ってから着たほうがいいそうですよ。


シーズンオフには、肩幅の合ったハンガーに吊るして収納し、湿気や虫害を防ぐために、除湿剤と防虫剤を使用します。このとき、1種類にしないと、数種類のものを使うと、化学反応を起こして水滴が発生し、カビの原因となることがあるらしいので、注意しましょう。


シワになってしまったときは、ハンガーに吊るしておけば、たいていの場合はシワは取れるそうですが、それでも気になる場合はスチームを当てて乾燥させるといいそうです。アイロンは、カシミヤの風合いをなくしてしまうそうなので、避けましょう。また、スチームもイタリア製のカシミヤの場合は風合いが失われることがあるそうなので、注意しましょう。


雨などに濡れた場合は、タオルで優しく叩いてよく水分を取ってから陰干しします。乾いてから柔らかいブラシで毛並みを整えます。


シミがついてしまったときには、早めに信頼の置けるクリーニング店に相談しましょう。何のシミかを説明し、カシミヤ製品であることを告げるのを忘れずに!


せっかく購入したカシミヤのコート。大切に使って、長く使いたいですね。